霊能力がなくても可能?霊視でオーラを見る方法とは|Future Telling
HOME>イチオシ情報>霊能力がなくても可能?霊視でオーラを見る方法とは

特別な能力が必要なのか

オーラは人間や動物、植物などの内側から発せられている霊的なエネルギーの事を言います。オーラは単色なことは稀で、普通は何色かの色が合わさっています。その中でも特に大きく色濃く出ている色が、その人の持つオーラカラーになります。また、オーラの色は肉体的・感情的なコンディションで変わります。霊視によるオーラを見る方法は、霊能力者のような特別な能力がある人に限ったものではなく、練習すれば誰にでも見えるようになります。霊視によるオーラを見る方法は意外と簡単です。簡単なだけに練習を続けられないのが、見える人と見えない人の違いかもしれません。ではその方法を説明していきましょう。

練習してみよう

霊視によるオーラを見る方法は慣れないうちは、見る対象の背景が白やグレーなど、単色のところを選んで行いましょう。オーラの強く出ている部位は、頭部、肩周辺、指先です。自分の指先を見て練習する方法もあります。その場合も背景が単色な場所を選びましょう。対象物から少し焦点をずらして、背景との中間ぐらいをぼんやりと見ます。その練習方法を行うことで誰でもオーラを見ることができるようになります。最初は白っぽいグレーで縁どりされたように見えるかもしれませんが、慣れてくると次第に色が分かるようになってきます。

どのように役立てるのか

霊視によりオーラが見えるようになると、対象物のコンディションや大まかな性格がわかるようになります。オーラの色にはそれぞれに意味があり、それを当てはめることで、オーラ鑑定をしていくわけです。オーラを見る方法は練習しだいですが、人には、生涯変わらないオーラカラーがあるといわれています。「魂のオーラカラー」とよばれるもので、特別な能力が備わっている霊能力者にしか見ることが出来ません。しかし、オーラを見る練習方法で、オーラを見ることができるようになれば、身近な人の体調管理など、何かしら人の助けになることができるかもしれません。

霊体と幽体の違い

霊視によるオーラを見る方法を身につけると、二つのオーラの違いに気が付くと思います。人の体からは、霊体のオーラと幽体のオーラが発せられていて、霊体のオーラは性格や精神状態、幽体のオーラは健康状態を表しています。霊視の練習方法は、自分を信じて行うことが大切です。ぜひ試してみてくださいね。

広告募集中